Evacuateでいいの?

 2022年1月15日13時10分(日本時間)ごろ、南太平洋のトンガで大規模な火山噴火が発生しました。気象庁は一旦「津波の心配ない」と発表したものの、深夜になって改めて津波注意報・警報を発令するといった異例の対応となりました。その理由として「潮位変化の正確な原因は分かっていないがトンガと日本の間の観測点で津波が観測されていないにもかかわらず、日本周辺で大きな潮位変化が観測されたため津波警報の仕組みを使って防災対応を呼びかけることにした」という説明となっています。

 しかし、トンガ-日本間のフィジーの海岸では津波の映像が撮影されています。また、噴火直後の気象衛星からの画像も再三再四報道されていますが、あの動画から「セカンドインパクト」を想起した人も多かったことでしょう。日本時間の夜半に至るまで津波が観測されていなかったという気象庁の説明は、やや不可解と言わざるを得ません。

 さて、その津波警報・注意報を受けての対応ですが、避難を促す英語は evacuate を使用しているようです。確かにgoogle翻訳に「避難」と入力すると「evacuation」が出てきます。しかし、これは軍隊の撤兵や、予定された空襲を避けて都会から郊外に移動するなどの行為を意味するように思います。

f:id:S_E_Hyphen:20220116114037j:plain


 災害からの避難には、いくつかの形態が有ります。例えば大規模な地震災害では、発災から数か月にわたって「収容施設に立て籠もる(sheltering)」のが避難です。バタバタと急ぎ移動するような避難とはまた違うような気がします。一方、突然の河川氾濫の場合では、状況にもよりますが「安全な場所に留まる(stay)」ことが避難と成り得る場合もあるでしょう。

 これとは違い火事や津波の場合は、どこにでもいいから、とにかく今とは違う場所に「大急ぎで逃走する」必要が有ります。この英訳はむしろ run away や escape の方が適切なのではないでしょうか?いずれにせよ、行き先がはっきりしている evacuate はそぐわない様な気がしました。もっとも粗末な災害対応しかできないこの国から evacuate して帰国することを勧奨しているつもりなら、極めて適切な英訳なのかも知れませんが...。

 

 

 

防人の島

1月の連休を利用して長崎県対馬へ旅行してきました。

 

2022年1月7日(金)【第一日】

調べてみたら実に5年半ぶりの飛行機利用でして、浦島太郎のようになっておりました。ボンバルディアの翼の下から、僅かに見える対馬の海岸線です。対馬の海岸線は絶壁が多いという印象でした。

f:id:S_E_Hyphen:20220110112321j:plain

 

対馬空港美津島町)では可愛らしい壁画がお出迎えしてくれます。絶滅危惧種ツシマヤマネコ対馬でのみ生息しており、島を挙げて保護に努めているそうです。

f:id:S_E_Hyphen:20220110112537j:plain

 

到着して早々ですが「観光情報館 ふれあい処つしま」(厳原町)のつしにゃんキッチンで昼食を頂きました。穴子カツ定食です。写真では伝わりにくいのですが、その身の厚さにこれまでの穴子の概念が覆りました。店員さんたちも皆優しい、とても素晴らしい観光スポットでしたよ。

f:id:S_E_Hyphen:20220110113309j:plain

 

対馬の南端、豆酘崎の頁岩露頭と、途中通過した瀬川沿いの花崗岩の露頭です。スレートは屋根瓦に使えそうな程、立派なものでした。この露頭は複数の優勢な走向を有しており、堆積後の地史形成が複雑なものであったことが推し量られます。出典は不明ですが、15Ma頃の西南日本弧の回転軸が対馬付近であったという掲示も見かけました。

対馬の地質は、全体としては砂岩や頁岩といった、おそらくは古・中生代に形成された堆積岩が優勢なのですが、「鮎もどし自然公園」付近には花崗岩それも巨大な一枚岩の露頭が頻繁に認められました。興味深いため、機会があったら一度ゆっくり調べてみたいと思います。

f:id:S_E_Hyphen:20220110134245j:plain

f:id:S_E_Hyphen:20220110134307j:plain

 

その後、真珠の湯温泉で温まった後、ホテルにチェックインし第1日を終えました。

 

2022年1月8日(土)【第二日】

バイキング形式の朝食は6時30分開始だったのですが、食べ終わった後、いつまで経っても外は暗いなと思っていたら、なんと日の出は7時29分なのでした。それならと、まだ暗いうちから車を走らせて、万関橋の夜明けに間に合わせました。万関橋は下対馬と上対馬の地峡に架かる橋です。川のように狭いですが、東は日本海、西は東シナ海を跨いでいる橋なのですね。1900年に旧海軍によって開削されて軍艦が通れるほどの広さになったのだそうです。

ちょうど潮の満ち引きの影響で冷たい海水と暖かい海水が混じり合う時間帯だったのでしょうか、水蒸気が立ち込めて大変幻想的な風景でした。

f:id:S_E_Hyphen:20220110141523j:plain

 

その後、対馬野生生物保護センター(上県町)でツシマヤマネコのかなた君に会ってきました。月曜休館で入館料は無料です。口コミによると外に出てきてくれるのも比較的珍しいようなので、遠くからとは言え御尊顔を拝すことができたのはラッキーだったのでしょう。写真はセンターから徒歩10分程度の「日本最北西端の地」モニュメントです。

f:id:S_E_Hyphen:20220110142801j:plain

 

順序は前後しますが、対馬では至る所に弾薬庫跡が残されています。写真は対馬グランドホテル(美津島町)敷地内で見かけた比較的小ぶりのものです。この他にも幅約3m、高さ約2m、奥行き約5mのもの(豆酘崎)も有りました。実は、上記モニュメントの下にも厚いコンクリートで覆われた空間が存在します。先の二つの弾薬庫よりも大きな空間でした。「弾薬庫跡」という記載は見つけられなかったのですが、きっとそうでしょう。さすが「防人の島」といったところです。弾薬庫跡が「跡」のままで有り続けられる平和な世の中を願いながら旅の帰路に就いたのでした。

f:id:S_E_Hyphen:20220110144405j:plain

 

対馬旅行(令和4年1月7日から8日) の費用総括
適用 金額 備考
NickStock 693 1日目朝食
ANA421→ANA4681 23,280 トランジット割引
ふれあい処 つしま 1,050 1日目昼食
対馬かすまき他 3,617 みやげもの
真珠の湯温泉 500 入浴料400円+ハンドタオル1枚100円
東横INN対馬厳原 6,300 朝食付き
駐車料金 850 対馬市交流センター
Type-cケーブル 1,017 マックスバリュ対馬いずはら店
居酒屋 汐路 4,800 1日目夕食
いりやきそば+とんちゃん丼 1,050 2日目昼食
オリックスレンタカー 11,880 1200ccクラス(30時間)
ガソリン 3,325 19リットル@175円
ANA4938→ANA430 23,280 トランジット割引
福岡空港しらすくじら 4,180 2日目夕食
空港バス 1,300  
合計 86,622  

 

中国語教科書のインデックス(その1)

「漢語口語速成・入門篇(下)」(ISBN:9787561918777)という教科書を使っているのですが、テキストの内容の復習も兼ねてインデックスを作成してみました。

 

f:id:S_E_Hyphen:20220102172611p:plain

 


第16课

動作の進行

 動作が今現在進行している段階を表す場合は、動詞の前に副詞の「正」、「在」、「正在」あるいは文末に「呢」を付ける。
 否定の場合は「没有」を付ける。
 動作の進行は現在のことも表すことができ、過去と将来のことも表すことができる。

他正在等他的爱人呢。
莉莉没有 看电视。
明年的这个时候,你们在做什么呢?

有的......,有的......

 代名詞の「有的」は連体修飾語として使われる場合は、よく修飾される名詞のその一部を表す。単独に使われる場合もあるし、二つ、三つで使うこともある。

我们班的同学有的喜欢吃辣的,有的喜欢吃甜的。

一边......,一边......

 動詞の前に使われ、二つの動作が同時に行われることを表す。

莉莉跟朋友们在房间里一边喝咖啡,一边聊天。


第17课

動態助詞の「了」

 動詞の後ろに付けて、動作のおかれている段階を表す助詞は「動態助詞」という。動態助詞の「了」は動詞の後ろに付けて、動作の完成することを表す。
 否定式は動詞の前に「没(有)」を加えて、「了」はいらない。
 もし、ある動作が必ず発生する、または発生する確率が高いが、現在はまだ発生していない場合は「还没(有}......呢」を使う。

他买了三件衬衣、两条裙子、还有一顶帽子。
我没买东西,直美买了。
你们去颐和园了没有?还没去呢。

 動作の完成は動作のおかれている段階しか表さない、動作の発生する時間(過去、現在、将来)とは関係ない。
 過去の動作の中で、もし常に行った、あるいは動作がもう完成したことを特に強調する必要としない場合は、動詞の後ろに「了」はいらない。

以前他常常来我家玩儿。

 「了」を付ける動詞の後ろに目的語があれば、その目的語は一般的に数量詞や連体修飾語とともに使わなければならない。

我买了一本书。

 もし目的語は簡単な目的語である場合は、「了」はよく文末に置かれる。

我朋友来北京了,周末我陪他去长城了。

「......了......就......」

 「......了......就......」は二つの動作が連続して起こって、後ろの動作が次々と起こることを表す。

我下了课就给他打电话。


第18课

語気助詞の「了」

 語気助詞の「了」は文末に用いられ、状況の変化または新たな状況が発生することを表す。

秋天了,天气凉了。

「要......了」

 ある状況がまもなく変化すること、または新たな状況がまもなく起きることを表す。
「要」の前に「就」や「快」を加えて、時間が緊迫することを表す。
「就要......了」の前に、時間を表す名詞を加え、連用修飾語として使われる。「快要......了」はその使い方はない。

我要回国了。
他就要回国了。
他下星期就要回国了。

能願動詞の「能」と「可以」

 A:ある能力または可能性を持っていることを表す。

你能吃辣的吗?
他不会说汉语没关系,我可以跟他说英语。

 B:客観的な許可を表す。

病人正在休息,你们不能进去。
这件衣服我可以试试吗?

 禁止する意味を表す場合は「不可以」が使える。そのほかに、「能」と「可以」の否定式は一般的に「不能」である。

现在是红灯,汽车不可以往前走。
现在没有汽油,汽车不能往前走。


第19课

程度補語

 動詞あるいは形容詞の後ろにある補足説明する部分を補語という。動作の達成した程度または動作の状態を説明するのは程度補語といわれる。形容詞は一般的に簡単な程度補語になる。程度補語と動詞の間に助詞の「得」でつながる。
 否定式は程度補語の前に「不」を加える。

你游泳游得这么样?我游得不错。

 動詞の後ろに目的語と程度補語と同時に出てくる時に、目的語の後ろに必ずその動詞をもう一度繰り返さなくてはならない。

唱歌唱得不错。

 もし目的語を強調したい、あるいは目的語が複雑すぎる場合は、その目的語を動詞または主語の前に置いてもよい。

西蒙汉语说得不错,汉字写得不太好。

能願動詞の「会」

 A: 勉強を通じて、ある技術を身に付けることを表す。

我会游泳。

 B:可能性を表す。

我估计巴西队会赢。
今天不会下雨吧?

能願動詞の「得(děi)」

 客観的に必要なことを表す。否定式は「不用」である。

我得告诉老师一下。
不用了,我已经告诉老师了。


第20课

時量補語

 時量補語はひとつの動作またはひとつの状態がどのぐらいの時間を続くかということを表す。
 もし動詞の後ろに目的語があれば、一般的にはその動詞を重複して使わなければならない。時量補語は重複された動詞の後ろに置く。
 もし目的語が人称代名詞でない場合は、時量補語は動詞と目的語の間に置いてもよい。

我们来中国已经一个多月了。
每天西蒙吃早饭吃十分钟。
每天西蒙吃十分钟的早饭。

 もし動作の継続性が無い動詞を使うときは、時量補語は動作の発生から発話までの時間を表す。
 時量補語を伴う文中で、動詞の後ろに動態動詞の「了」があって、そして文末に語気助詞の「了」もある場合は、その動作が現在も継続していることを表す。

我来北京一个多月了。
我们学了一个多月了。

副詞の「就」と「才」

 「就」は一般的には事柄の発生するのが早くて、あるいは物事が順調にいっていることを表す。「才」は事柄の発生が遅い、または物事が順調にいっていないことを表す。

八点上课,珍妮七点四十分就来了,西蒙八点十分才来。

「虽然......但是......」

 接続詞の「虽然......但是......」は逆接する関係を表す。「虽然」は前の文の主語の前または後ろに置き、「但是」は必ず後ろの文の前に置く。

我虽然会游泳,但是有的不怎么样。

「因为......所以......」

 接続詞の「因为......所以......」は因果関係を表す。「因为」の文は原因を表し、「所以」の文は結果を表す。時には「因为」または「所以」のいずれかを省略してもよい。

因为外边下雨了,所以我们不去商店了。


第21课

動態助詞の「过」

 動態助詞の「过」はある動作が過去に発生したことを表す。主に自分で経験したことを表す。否定式は「没有......过」で表す。

北京有名的风味菜和小吃我差不多都吃过。
来中国以前,我没学过汉语。
来北京以后,你吃过烤鸭没有?

「是......的」

 「是......的」はすでに発生した動作の時間、場所、方式などを強調する。「是」は強調する部分の前に置き、「的」は文末に置く。
 もし動詞の後ろに目的語があって、そしてその目的語が名詞である場合は、「的」は目的語の前に置いてもよい。

第一次是在全聚德吃的,第二次是在学校附近的饭馆吃的。
我不是坐车去的,我是骑车去的。
我和我朋友是在全聚德吃的烤鸭。

動量補語

 動量詞は数詞と結びつけて、動詞の後ろに置いて、動量補語として使われる。動作の回数を表す。常に使われるのは「遍」「次」「下」である。
 「次」と「遍」の使い方は同じである。ただし「遍」は動作の始めから終わりまでの全過程を強調する。
 「一下儿」も動量補語である。動作の回数を表す以外に、動作の時間が短い意味も表す。ちょっと~する意味合いもある。

今天我找你三次。
那盘磁带我听过好多遍。
一共一百五,请数一下。

 動詞の目的語が名詞であれば、その動量補語は目的語の間に置き、もし目的語が代名詞である場合、その動量補語は一般に目的語の後ろに置く。

我们吃过两次烤鸭。

「除了......以外」

 A:何かのものの以外に、ほかのものもあるということを表す。後ろによく「还」や「也」などで呼応する。

除了烤鸭以外,你还吃过什么好吃的?

 B:排除の意味を表す。そのこと自体が含まれないことを表す。後ろによく「都」などで呼応する。

除了西蒙以外,我们都不会说法语。


第22课

動作の持続

 A:動詞の後ろに動態動詞の「着」を使って、動作あるいは状態が続くことを表す。
 否定式は「没(有)......着」である。

英男在床上躺着。
保罗没躺着,他坐着呢。
门开着没有?

 B:動詞の後ろに動態動詞の「着」を使って、動作の形態も表す。

小猫在窗台上趴着睡觉呢。

構造助詞の「地」

 双音節の形容詞は連用修飾語として動詞を修飾する場合、時には形容詞と動詞の間に構造助詞の「地」を置く。もし、その連用修飾語の形容詞の前に、さらに連用修飾語がある場合は、「地」は一般的に省略できない。
 形容詞の重ねには、その形容詞の前に「很」や「非常」を付けて修飾しているのと同じ意味がある。その助詞の「地」も一般的に省略できない。

他们正在紧张地看电视里的足球比赛。
他非常努力地工作。
货架上整整齐齐地摆着各种吃的和用的。

形容詞の重ね

 一部の形容詞は重ねて使用できる。性質、状態の程度が深まることを表す。

 単音節の形容詞の重ねは、話し言葉では二つ目の音節はよく第一声になって、そして巻き舌音化する。

每天爷爷都早早儿地起床。

 双音節の形容詞の重ねの形は「AABB」で二つ目の音節はよく軽声になる。

漂漂亮亮的大厅里立着一排一排的货架。

 形容詞の重ねが連用修飾語として使われる場合、単音節の重ねの後ろに助詞の「地」は省略してもしなくてもよい。

每天爷爷都早早起床。

 同じく形容詞の重ねが連用修飾語として使われる場合、双音節の重ねの後ろに助詞の「地」は省略できない。

他认认真真地回答老师的问题。

 形容詞の重ねが連体修飾語あるいは述語として使われる場合、その後ろに「的」を加える。

她的头发长长的。


第23课

結果補語

 動作の結果を表す補語は結果補語という。よく動詞あるいは形容詞で表す。結果補語と動詞の結びつきは緊密で、その間にほかの成分を差し込むことはできない。
 すでに結果が出た動作は一般的に動作が完了しているため、結果補語の否定式は「没有」が使われる。

我已经做完饭了。
你看见包罗了没有?没看见。
我买了,可是没买到。

結果補語の「到」

 動詞の「到」は結果補語として使われる場合、よく動作がある場所あるいはある時間に達することを表す。
 結果補語の「到」は動作が目的に達することも表す。

我回到家就给你打电话。
我去朋友那儿了,一直呆到十点才回来。
去大同的火车票买到了。

結果補語の「住」

 動詞の「住」は結果補語として使われる場合、よく動作を通じてある物事を一定の位置にしっかりとどまることを表す。

我记住他的手机号码了吗。

「一......就......」

 「一......就......」は二つのことが続けて発生することを表す。
 時には、前の文節が条件を表し、後ろの文節が結果を表す。

他一说完,大家就都笑了。
我一喝酒,脸就红。


第24课

方向補語

 動作の方向を表す補語は方向補語という。
 動詞の後ろに「来」「去」を加えるものは簡単方向補語という。

我妈妈给我寄来一盒巧克力。

 動詞の「上、下、进、出、回、过、起」などの後ろに「来」または「去」を加えるものは複合方向補語という。話し手、あるいは言及する物事に向かって動作を行う場合「来」を使う。反対の方向の場合「去」を使う。

快下来!

 A:目的語が一般的な物事である場合、その目的語を「来」「去」の前に置いても後ろに置いてもよい。

你看,我又买回一些书和磁带来。
你看,我又买回来一些书和磁带。

 B:目的語が場所を表す場合、その目的語は必ず「来」「去」の前に置く。

这些东西我打算明天就寄回国去。

「要是......就......」

 「要是」は仮定の意味を表す。後ろの文節はよく副詞の「就」を使って、前文を受けて後ろに続いて結論を出す。

要是田中来了,你就让他等我一下。

兼語文

 中国語には兼語文という動詞の述語文がある。二つの動詞から構成され、前の動詞の目的語は後ろの動詞の主語である。兼語文の一つ目の動詞は「请、叫、让」などの「~させる」の意味がある動詞となる。
 「请、叫、让」はみな他人にあることをするように要求する意味がある。

我们请老师教我们唱中国歌。
老师让我们预习一下明天的生词。
莉莉叫我给她买些橘子。

 「请」には招待する意味もある。

我请你吃韩国菜。


第25课以降は、また日を改めてアップします。

中国語で長さの単位

個別には勉強していたのですが、すぐに忘れてしまうために、長さや重さ、時間やお金の単位を一覧表にまとめてみました。

 

長さの単位
日本語 汉语 拼音 備考
ミリメートル 毫米 háomǐ  
センチメートル 厘米 límǐ  
センチメートル 公分 gōngfēn 通称
メートル  
1/2キロメートル SI単位系
キロメートル 公里 gōnglǐ  

 

重さの単位
日本語 汉语 拼音 備考
ミリグラム 毫克 háokè  
グラム  
キログラム 公斤 gōngjīn  
キログラム 千克 qiānkè 別名
トン 公吨 gōngdūn  
トン dūn 別名

 

時間の単位
日本語 汉语 拼音 備考
miǎo  
fēn  
diǎn  
hào 日rìとも
yuè  
1秒間 一秒钟 yì miǎozhōng  
1分間 一分钟 yì fēnzhōng  
1時間 一个小时 yí ge xiǎoshí  
1日間 一天 yì tiān  
1か月 一个月 yí ge yuè  

 

容量の単位
日本語 汉语 拼音 備考
ミリリットル 毫升 háoshēng  
リットル shēng  

 

お金の単位
日本語 汉语 拼音 備考
yuán 約16円※
0.1元 jiǎo  
0.01元 fēn  
人民币 rénmín bì 人民元
kuài 通称
0.1元 máo 通称
0.01元 fēn 通称

※2021年末は著しい円安のために18円を上回る勢い

 

別名や非SI単位系の名称が有ったり、日本の非SI単位系と同じ文字でSI単位系だったりと、少し混乱しやすいですね。

あさりのスープ

冷凍剥きアサリを使ったスープです。マンハッタンクラムチャウダーって、こんなのじゃなかったっけ?

f:id:S_E_Hyphen:20211216153358j:plain

 

具材 備考
カットトマト 400グラム 缶詰1缶
玉ねぎ 1個  
冷凍アサリ 50グラム  
少々  

 

大根のなます

有馬カオル(2014)『夢見るレシピ』(ISBN:9784758438629)中、バインミーベトナム風サンドウィッチ)の具材としてナマスの作り方が書いてありました。簡単そうなので試しに作ってみました。本当はダイコンだけでなくニンジンも入れた方が色合いも綺麗のですが…。

具材 備考
大根 100グラム  
小さじ1/4  
50cc  

大根を細い千切りにし、塩(分量外)を良く揉み込んで10分ほど置きます。水分が出てくるので、しっかり絞ってから酢・塩で漬けます。

f:id:S_E_Hyphen:20211204133634j:plain

仏膳の壺椀用にも良さそうですね。